DQM2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵(イルルカ) 極限攻略データベース

悪魔の書について

スポンサーリンク
■悪魔の書について
配合を行った時、10pt以上振ってあるスキルが3つ以上引き継がれずに残ると、
「悪魔の書」というモンスターが自動的に生まれてきます。
スキルが3つだと悪魔の書、4つだと大悪魔の書、5つだと魔王の書になります。
※配合後に10pt残っている必要があるので、配合前の時点だと20ptずつ振っておく必要があります。

また、引き継がれないスキルに振られたポイントの合計が、配合後の数字で
悪魔の書150pt、大悪魔の書200pt、魔王の書で250pt以上ある場合、それぞれ
悪魔の黙示録、大悪魔の黙示録、魔王の黙示録になります。

10pt以上振られて
引き継がれないスキルの数
引き継がれないスキルに
振られたスキルポイント合計
できるもの
3つ150pt未満あくまの書
3つ150pt以上あくまの黙示録
4つ200pt未満だいあくまの書
4つ200pt以上だいあくまの黙示録
5つ以上250pt未満魔王の書
5つ以上250pt以上魔王の黙示録

■悪魔の書の活用方法
引き継がなかったスキルを後で他のモンスターに付けるために悪魔の書と配合する、というのが普通の使い方ですが、他にも使い方が色々あります。
この悪魔の書の親は、その時生まれた普通のモンスターと同じになります。 これを利用して、四体配合を簡単に行うことができます。
また、+値の高いモンスターを作る際にできた悪魔の書は同じ+値になりますので、 +99の悪魔の書をたくさん作っておけば、好きなモンスターと掛け合わせて一発で+99にすることができます。