DQM2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵(イルルカ) 極限攻略データベース

悪魔の書を使って四体配合の簡略化

スポンサーリンク
■四体配合の実例
例えば以下のような四体配合を考えてみましょう。
ゴールデンゴーレム ─┐
           ├─ モンスターA ─┐
グランスライム   ─┘          │
                      ├─ゴールデンスライム
ゴールデンゴーレム ─┐          │
           ├─ モンスターB ─┘
グランスライム   ─┘
ゴールデンゴーレム、ゴールデンゴーレム、グランスライム、グランスライムの4匹を祖父母とする四体配合で、ゴールデンスライムが作れれます。

まずゴールデンゴーレムとグランスライムからモンスターAを生む際を見てみましょう。
ここでスキルは元々ゴールデンゴーレムが3つ、グランスライムが3つ持っているとします。
合わせて6つのうち、配合でモンスターAが3つのスキルを取れば、3つのスキルが余ります。
その余らせるスキルに20pt以上振っておけば、モンスターAと同時に悪魔の書が産まれてきます。
この悪魔の書の親は、ゴールデンゴーレムとグランスライムになります。
※悪魔の書に似たモンスターで大悪魔の書・魔王の書などもありますがどれでもOK。詳細はこちら

本来ならゴールデンゴーレム×グランスライムの配合をもう1回行ってモンスターBを作り、
モンスターAとモンスターBを配合してゴールデンスライムを作ります。
しかし、先ほど生まれた悪魔の書の親はゴールデンゴーレムとグランスライムです。
ということは、モンスターAと悪魔の書を配合すると、ゴールデンスライムが生まれます。
祖父母4匹がゴールデンゴーレム、ゴールデンゴーレム、グランスライム、グランスライムになるためです。

注意事項として、モンスターAと悪魔の書は性別が別でなければ配合ができません。
配合前にセーブしておき、運よくこの2つの性別が別になるまで何度もやりましょう。