テリーのワンダーランド3D 極限攻略データベース

究極配合まとめ

モンスターの強さを引き出す「究極配合」についてまとめます。

スポンサーリンク
■基本
今作では、モンスターを「究極」状態に育てることで、成長限界値以上に成長させることができます。
例えば「闘神レオソード」の本来の成長限界はHPが2555までですが、
究極配合を行うことによりHPは2826まで上がるようになります。

究極配合のやり方は、ゲーム内で出来るようになるとチュートリアルがあります。
モンスターのレベルは10以上なら何でもOK。ポイントは、モンスターのランクの「+」の数字。
ステータス画面で例えば「RANK F+10」等と、ランクを示すFの右に数字が書いてありますが、
同じモンスター同士を配合してこの数字を100以上にします。
例えばスライムF+30とスライムF+70を配合するとか、そういうことです。
プラスの数字は、基本的には配合時の両親のプラス値の+1が子供に継承されますが、
両親の配合時の合計レベルが31以上なら両親の合計+6、合計レベルが76以上なら両親の合計+11となります。

■究極配合の特典
究極配合をすると、メッセージが出て、5つの特典から1つを選ぶことになります。
ステータス上限がどの程度変わるかは、元のモンスターのランク、サイズ、行動回数によって異なります。

特典内容 選んだ場合の効果 ステータスの上限値の変動
行動回数アップ 元が1回行動なら「1〜2回行動」に。「1〜2回」→「1〜3回」、「1〜3回」→「2〜3回」、「2回」→「2〜3回」、「2〜3回」→「3回」になる あまり変化なし
メタルボディ 元が普通なら「ライトメタルボディ」に、元が「ライトメタルボディ」なら「メタルボディ」に、以下「メタルボディ」→「ハードメタルボディ」、「ハードメタルボディ」→「超ハードメタルボディ」に。 HP以外は各ステータス10%〜25%程度上昇。HPは、下記3つと比較でメタル化の内容に応じてHPがダウン。例えばライトメタルボディ(ダメージ1/2)からメタルボディ(ダメージ1/3)になったらHPは2/3になる(一部未確認)
行動順アップ 元が普通なら「行動早い」に。元が「スモールボディ」「行動早い」なら「超行動早い」に。 各ステータス10%〜25%程度上昇。一部の耐性が1段階落ちる
耐性アップ あらゆる耐性が1段階アップ。弱点→普通→軽減→半減→激減→無効→吸収→反射 各ステータス10%〜25%程度上昇
ブレイクアップ 属性攻撃で相手の判定が1段階下がり、消費MPは1.5倍になる。元々「全ガードブレイク」があれば「強ガードブレイク」で2段階下がるように。 各ステータス10%〜25%程度上昇。消費MPは1.5倍になる。

 

3DS版ドラクエ7攻略 | ドラクエ10 | ポケモンXY攻略 | ドラクエ6攻略