【ミンサガ】不幸を呼ぶ女研究

- スポンサーリンク -

不幸を呼ぶ女研究

不幸を呼ぶ女とは?

「不幸を呼ぶ女」、はディステニィストーン「光のダイアモンド」を入手する、及びそれに付随したイベントです。

基本的に、パブでシェリルという謎の女性に会い話を重ねていくという流れになっています。
特定のパブを訪れたとき、見慣れない女性がいる場合があるので話しかけてみましょう。


光のダイアモンド入手法

光のダイアモンドを入手するには、シェリルに12回会う必要があります。
1周で会える回数は最大5回なので、エンディングを迎えたセーブデータで次の周回に入る必要があり、最低でも3周かかります。

実際のイベントの流れ

1.PUBでシェリルが絡まれている。
ポイント シェリルに遭った酒場のマスターが絡んでいた男が馬に蹴られて死んだという会話は、 イベントを起こした直後にPUBに入っても発生します。
忘れないように、シェリルに遭った直後にパブに入っておきパブのマスターに話しておきましょう。 このイベントを起こすのを忘れると、他の出現条件を満たしてもシェリルが出てきません。
2.PUBでシェリルを見かける
3.PUBでシェリルを見かける
4.PUBでシェリルを見かける
5~11.PUBでシェリルから不幸な人物の話を聞く
12.PUBでシェリルから不幸な話を聞いた後、ミニオンとのボス戦(勝っても負けても結果は同じ)
シェリルが覚醒し、シェラハとなり、光のダイアモンドを入手できます。
ポイント 注:持ち物が一杯だった場合、二度と入手できません。シェラハとは戦えます。
12回目を見た次の周からは、シェリルに1回会うだけで12回目のイベントが起こり、光のダイアモンドが手に入ります。
その際シェリルは後述の12か所のパブ全てで出現します。

シェリルの出現時期

  • シナリオ進行度10%(義勇軍のコメント『もっとお金が欲しい』追加)
  • 前回50パーセントで会った場合は、シナリオ進行度15%(義勇軍のコメント『ジュエルってどうしたらもらえるの?』追加)
2回目以降は、シェリルに話した後に義勇軍のコメントが2つ追加でシェリルが復活します。
ポイント 例えば初めてシェリルに遭ったのがシナリオ進行度15%~19.9%の場合は、シナリオ進行度25%で2回目のシェリルの出現条件を満たします。
こまめに、義勇軍のコメントをチェックして2つ追加されるごとに、パブに行ってみましょう。
シナリオ進行度60%以降はシェリルが復活することはありません。(義勇軍のコメント:『モードの秘密』が追加)
10%、20%、30%、40%、50%と、最速のタイミングでシェリルに会い続けたとしても、 次の60%の時にはシェリルがいなくなってしまいますので、1周でシェリルに遭える回数は5回が限界です。

シェリルの出現場所

  1. ウエストエンド
  2. タルミッタ
  3. 南エスタミル
  4. アルツール
  5. ゴールドマイン
  6. ジェルトン
  7. ミルザブール
  8. ウェイプ
  9. バイゼルハイム
  10. ヨービル
  11. ノースポイント
  12. 北エスタミル
シェリル発生条件を満たしている場合は、上記のどこかのパブでシェリルに会えます。
ただし、一度シェリルに遭ったパブではシェリルが登場しません。 また、以前の周でシェリルにあったパブでもシェリルに遭うことはできません。
シェリルに遭ったパブをメモしておけば、パブを回る手間が省けます
ポイント 普通は、マスターに話を聞くのは、最初の2回だけで構いませんが、 もし登場条件を満たしていてもシェリルが出てこない場合は、 その前に行ったパブのマスターにシェリルは辞めたという話を聞くこと。(直前のパブでなくてもかまいません。)
その後に、シェリルが登場するパブにいけばシェリルに遭うことができます。

ポイント バイゼルハイムを12回目に残した場合、ダイヤモンドを入手するのがコンスタンツ誘拐以降になり、 忘れていると取り逃がしてしまいますので、最後に残さないほうがいいかもしれません。 シェリルに一度12回話しかけたら、それ以降の周回もダイヤモンドを入手することができます。

闇の宮殿

参考:闇の宮殿ダンジョンマップ

  • 上記のイベントを行ってダイアモンドを入手している
  • エスタミル地下神殿の神官に一度話しかけ、エスタミル地下道から出る
上記2つをこなした後、シナリオ進行度95%以上の時に再度エスタミル地下神殿の神官に話すとイベントが発生。 闇の宮殿に行くことができ、奥でシェラハと戦闘になります。
シェラハはラスボスを凌ぐ強さを持っていますので、必ずセーブしておきましょう。
倒すとイベント「不幸を呼ぶ女」クリアとなります。入手アイテムは特にありません。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -