移民と石板のすれちがい通信について

- スポンサーリンク -

移民と石板のすれちがい通信について

3DS版のドラクエ7では、すれちがい通信の要素として
「移民の町」の移民と、すれ違い石版という2つがあります。

現代ルーメン復活後に登場するモンスターパークで右のじいさんに話すと、すれちがいの設定が行えます。
すれちがう相手に渡す石版を選ぶと、その石板のリーダーを「移民」として他人に配信できます。
それ以前に行く方法はコチラ

但し、自分で探したものでは無い石版(移民の町の移民からもらえるものなど)を使っても、
すれちがった相手の町に移民は増えません。
自分のすれ違い石版を取ってくるためには、最低でもモンスターを3匹なつかせる必要があります。
とりあえずモンスターを3匹なつかせて、石版を1つゲットしましょう。

また、1人すれ違うごとに、石版のリーダーのレベルが1上がります。
リーダーのレベルが上がると、そのリーダーが持ってきた全ての石板のダンジョンのレベルが上がり、
中で出てくる敵のHPや攻撃力などがアップします(経験値とゴールドはそのまま)。

石版のダンジョン内には、石版をさがした3種類のモンスターと、
モンスター図鑑の並び順でリーダーの次とその次のモンスターが出てきます。
また、リーダーモンスターが最後のボスになります。
リーダーのレベルによって敵の強さが変わるので、
プラチナキングなどレベル上げ用モンスターが多数出現する石版を配布したい場合は、
リーダーのレベルを上げないようにしてあげると喜ばれるでしょう。

ドラクエ7 移民の町 リンク

- スポンサーリンク -

ドラクエ7 スマホ版・3DS版最新情報 リンク

スマホ版の追加要素

3DS版の追加要素

配布石版(トクベツな石板)情報

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -