DS版ドラクエ5の特徴・違い

- スポンサーリンク -

DS版ドラクエ5のPS2との違い

DS版はPS2版からのリメイクとなっており、PS2版をベースにしてそこから様々な変更が行われています。 ここではPS2版からDS版での違いを中心にまとめています。

花嫁候補にデボラ追加

これまではビアンカとフローラの2人から選ぶ形でしたが、デボラも追加されて3択となりました。 結婚相手に選んだキャラのみがパーティに加入します。ビアンカやフローラと同様に、デボラを選べば子供の髪の色もデボラと同じ黒髪になります。 デボラに関する詳しい情報はデボラ極限攻略データベースもご覧ください。

新モンスター2匹追加

新たにプリズニャンとアークデーモンの2匹が仲間になるようになりました。 プリズニャンは青年時代前半ならオラクルベリー周辺(夜)、後半ならボブルの塔周辺(西端)に出現します。 アークデーモンは封印の洞窟の最下階以外の階層に出現します。
詳細はプリズニャン / アークデーモン / モンスターが仲間になる確率計算機などもご覧ください。

デボラの装備できる新アイテム

デボラのみが装備できる専用装備が追加されました。「ネイル」は2回攻撃できるアイテムです。
  • シャイニーネイル…2回攻撃武器
  • ダイヤモンドネイル…2回攻撃武器
  • シルクワンピース…よろい
  • フラワーパラソル…盾
また、闇の世界のすごろく場の景品には、PS2版にはアイテム自体存在しなかった「時の砂」が追加されています(使うと戦闘を振り出しまで戻す効果。SFC版にはあったものです)。

ダンジョンの変更

天空への塔と、迷いの森の2つのダンジョンの構造が大きく変更されました。

スライムタッチ

  • 新たに追加された「スライムタッチ」はもぐらたたきのようなミニゲーム。 スライムタッチはサラボナにあるルドマンの屋敷の3階にあり、いつでもプレイできます。
  • スライムタッチの中では、たまにスライムだけでなくやくそうやまほうのせいすいも出現。タップすれば手に入れることができます。 なお、ハイスコアの景品などはありません。
  • また、スライムタッチのプレイ中は、DS版ドラクエ5のために書き下ろされた新曲を聞くことができます。

仲間キャラステータス成長変化

  • 仲間キャラのステータス成長が調整されました。 全体的に強くなりやすくなっていますが、人間キャラはLv60までHPが若干上がりにくくなっています。 そのぶん相対的に仲間モンスターが強くなっていると言えるでしょう。詳細はDSとPS2での成長の違いをご覧ください。

DSならではの扱いやすさ

DS版ドラクエ5は、2007年11月に発売されたDS版のドラクエ4とシステムはほぼ一緒になっています。
  • 基本的なセーブの数(冒険の書)は3つ
  • 3つの冒険の書とは別に、どこでも好きな場所でセーブできる「中断セーブ」が1枠ある
  • ※ただしイベントが発生する場所やマップに仕掛けがある場所などでは中断セーブが出来ない場合があります。
  • DS版は世界が全体的にPS2版より狭目に設定されています。そのため、目的地まで早く着くことができたり、途中で敵と出会う回数が少ないなど快適にプレーできるようになっています。
全体的に、電車の中などでも気軽に楽しめるような改良が行われていると言えるでしょう。

その他の細かな変更点一覧

○敵の名前が変更
  (PS2)おばけきのこ→(DS)おばけキノコ
  (PS2)グロンデプス→(DS)グロンテプス
○仲間モンスターの名前が一部変更
  仲間にした時の名前が変わっていますが、モンスターじいさんで自由に変更可能です。
○「モンスターボックス」が「モンスター図鑑」に名前変更
○プリズニャンとアークデーモンが新登場した代わりに、ベビーパンサーと合体スライムが図鑑から削除された
 合体スライムは一応青年時代のテルパドール東部などに出現します。
 ザコ敵のベビーパンサーは格闘場でのみの登場ですが、キラーパンサーはうわさのほこら周辺などに出ます。
○PS2版ではカボチのよろずやの前に小さなメダルが落ちていたが、DSには無い
○PS2版では最果ての祠の外観地面に小さなメダルが落ちていたが、DSには無い
○PS2版では大神殿に魔物のエサが落ちていたが、DS版ではドレイの服に変わっている
○ポートセルミのふくびきやさんが1階から地下に移動
○ルドマンの家が3階建てに。3階はデボラの部屋。
○ラスボスの行動パターンに「めいそう」が追加。HPを500回復してきます。
○袋の中のアイテムは1種類につき99個まで。PS2版では例えば「薬草999個」など同一種を999個まで持てた。
○名産品博物館の管理人の名前がゆうじい→デスじいに変更
○第4のすごろく場(暗黒のすごろく場)のクリア景品に時の砂が登場
○すごろくに「次に出る目を自分で選べるようになるマス」が登場。若干クリアしやすくなった
○いかだが斜めに移動できる
○「個人逃げ」廃止。
 PS2版では、各キャラごとに「逃げる」を選択できたため、1ターンのうちに4人で4回逃げることができた。ドラクエには「3回目で確実に逃げられる」という仕様があるため、この方法で確実に1ターン以内に逃げることができた。
 ところがDS版では、1人1人のコマンドの中に「にげる」がないのでこの方法は使えない。
○敵がスカラを使うと守備力が100%上昇。PS2版では50%だった。
  ちなみにこちらが使う場合は40%で変更なし。(守備力100の人にスカラを使うと40アップ)
○青年時代のお嫁さんの加入レベルが変更。
  ビアンカはPS2版ではLv10で再加入しましたが、DS版では「幼年時代の別れるとき+10レベル」。
  フローラはPS2版ではLv1でしたが、DS版ではLv8で加入します。
○映像面の内容が一部変更。
  山奥の村でビアンカが水門を開ける時のCGが削除
  ブオーンの登場シーンが短くなり、戦闘に入った時にブオーンを360度から映す演出も消滅
○アイテムの系列が変更
  風神の盾の効果がザキ系からニフラム系に変更。これにより中盤以降の敵にもかなり効きやすくなりました。
  他にも氷の刃の効果がバギ系からヒャド系に変更など。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -